OAG税理士法人
お問い合わせ

らくらく相続(R)

全員遺言時代の到来へ!

  1. ① お世話になった人に財産を渡したい
  2. ② 夫婦の間に子供がいない
  3. ③ ご相続人が高齢である
  4. ④ 相続人の中に認知症の方がいる
  5. ⑤ 公益法人に寄付をしたい

相続税の対象者が増加!

  1. ① 相続税がかかるのかわからない
  2. ② 相続税を少しでも減らしたい
  3. ③ 財産の分け方によって相続税がかわってしまう?
  4. ④ 相続税を払えるか不安だ
  5. ⑤ 元気なうちに財産を渡してしまいたい
このような方は遺言が必要です!
一度、相続税の試算をしてみませんか?
お問い合わせはこちら

「相続」を「争続」にするな!ー子供達を争続から守るー

長男であっても、介護をしていなくても、住宅ローンがあっても、他家に嫁いでいても 相続分は平等
相続問題_件数表
「ウチ」に限って、争続はありえない?
家庭裁判所への遺産分割調停申立件数は、年々急増しています。
元気なうちに公正証書遺言など準備することで「争続」は防げるのです!

「相続税 = 富裕層」でなくなる?ー想定納税者、約10%ー

相続税については平成27年(再来年)から基礎控除(「ここまでは相続説がかからない」というボーダーライン)が40%も引下げられます。
相続人2人の場合の基礎控除は
7,000万円 → 4,200万円
想定納税者、約10%グラフ
5月に東京国税局が発表した相続税申告状況を革基に想定される、基礎控除引下げ後の申告者割合は約10%になります。
もはや他人事ではなくなります。事前の対策次第で税金の額が全く変わってくるのです!

初回面談無料

相続というテーマを多様な方向から検討し、税務対策、申告、事後調査まで、一貫してサポートします。

現状分析

財産の全体の把握と、相続税の試算を行います。

対策の検討

相続についてのお客様の「思い」をお聞きしたうえで、①遺産の分け方(誰が何を引継ぐのか?)、②納税の仕方(どのように支払うのか?)、③節税(いくら減らすことができるのか?)について最的な方法をご提案致します。

対策の効果測定と見直し

実行した対策の効果は、時間の経過とともに変化していきます。
そのため、一定期間ごとに対策を見直し、最適な状態を保ちます。

相続税申告

相続税申告に関するさまざまなポイントについて、OAG税理士法人では、相続専門の税理士が対応しています。

※お問い合わせは各店までお気軽にお電話ください。フォームでのお問い合わせはこちらまで。

【東京本部】0120-124-452
〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2
ホーマットホライゾンビル
東京本部_地図
TEL:0120-124-452
FAX:03-3237-7510
【大阪】06-6310-3102
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町10-34
江坂駅前ビル8階
大阪_地図
TEL:06-6310-3102
FAX:06-6310-3103
【福岡】092-717-6650
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22
センチュリー赤坂門ビル7階
福岡_地図
TEL:092-717-6650
FAX:092-717-6651
【東京ウエスト】042-441-2191
〒182-0022 東京都調布市国領町4-51-7
ピエール・シークル2階
東京ウエスト_地図
TEL:042-441-2191
FAX:042-441-2192
【埼玉】0493-24-2489
〒355-0032
埼玉県東松山市新宿町25番地12
埼玉_地図
TEL:0493-24-2489
FAX:0493-22-3691